SEO対策:WEBページを最適化にしませんか^^


WS000193

WEBページを最適化するという事とは、簡単に説明するとGoogleで検索されやすくなる様に、WEBページを作っていくという事です。そんな最適化をするには、何をすべきか、ARMSが説明しますね^^

 

こんにちわ。ARMSです^^

今回はWEBページを最適化について説明します。

ようは『Googleで検索されやすくなる様にWEBページを作る!』という事です。

完成度の高いサイトやブログを作っても、

Googleで検索されなければ意味がありません。

 

アフィリエイターにとっても、最も重要な事ですよね^^

 

ところで、皆さんは知ってると思いますが、

Googleはクローラーという『WEBページ巡回システム』を使い、

世界中の様々なページ情報を収集してます。

 

このクローラーという『巡回システム』には様々な特徴があり、

そのクローラーを理解・把握する事でWEBページの最適化をしていきます。

もっと簡単のいうと、クローラーが『理解出来る・理解しやすい』ということは、

 

icon-check01WEBページ ⇒ googleで検索されやすい!!

 

という事になります。

今回は下記の事に注意してWEBページを最適化していきますと思います^^

 

■HTML内のリンク要素。

■HTML内のテキスト要素。

■動的要素は出来るだけ少なくする。

 

では、1つ1つ簡単に説明しますね^^

 

HTML内のリンク要素

Googleの検索に表示出来るようにする為には、

別のドメインから最低1つ以上のリンクをもらう事が必要となります。

出来れば、メジャーなサイトからが効果的です^^

又、PageRankの高いサイトや、同種類のサイトやブログとの相互リンク

Googleの検索結果に効果があります。

 

HTML内のテキスト要素

ご存じの通り、Googleのクローラーはテキストデータしか理解出来ません。

つまりFlashアニメーションなどは読み込めないんです。

まあ、知ってると思いますが・・・

 

基本的に評価されないんですが、画像なんかの場合は、

alt属性によりテキストを認識させることが可能となります^^

画像などを使う場合は、必ずalt属性でテキストを埋め込むようにしましょう。

 

さらに、HTMLの重要なタグである<title>や<hx>などのタグを、

正しく使うことがとても重要です^^

 

動的要素は少なくする

動的要素とは、JavaScriptやDHTML、CGI等のスクリプトの事ですが、

これらも事もGoogleは評価しないんです!
例えばですが、HTML内にJavaScriptやCGI等の記述がある場合なんかは、

別のファイルにしておく事をオススメします!

 

WEBページ(HTMLファイル)そのものを、

出来るだけ単純なWEBページ(静的ページ)にしておいた方が確実です。

 

さらにその動的要素の使い方によっては、

評価を下げる結果にもつながりますので注意が必要です。

 

最後に・・・

簡単ですがこんな感じだと思います。

SEO対策について『必ず押さえておきたい事』を今後説明しますね^^

 

『SEO対策について、まず何をすればいいか分からない・・・』

 

などでお困りの方、 どんな小さな事でも結構です^^

私で良ければ、全力でご協力します^^

Be the first to comment on "SEO対策:WEBページを最適化にしませんか^^"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*