SEO対策:これだけは必ず押さえておきたい事項!


WS000196

『SEO』は、多くのアフィリエイターを魅了・困惑させてきました。ARMSも何か有効ないものかと、いろいろとググっては、『SEO』との表示される度にクリックしては、ブックマークしてた一人です^^

 

こんにちわ。ARMSです^^

アフィリエイターの方やネットビジネスをしてる方は、

経験のあると思いますが、『SEO』についてググってみると

検索される調べると情報が膨大すぎて、結局何をすれば正しいのか、

答えが分からない事があったと思います。

私もは始めはまさにそれでした^^

 

最終的には、基本的な事を忠実に行い地道な作業を繰り返しを行うことが、

上位表示の秘訣だと私は考えています^^

SEO対策は長期的に考えていくモノで一朝一夕ではどうにも出来ません。

ましてや、天才集団のGoogle先生を相手にケンカを売ってはいけません^^

 

googleにいかに評価してもらえるか!を考えるべきです。

今回は内部対策で確実に評価してもらう為に『必ず押さえておきたいSEO対策』を、

まとめましたので良かったら参考にしてください^^

 

SEO内部対策とは

検索エンジンはWEB上にある莫大な数のサイトを順位付けするのに、

人間の力だけでは把握や判断するには、やはり限界があります。

 

その為、各検索エンジンはアルゴリズムを使って、

検索したキーワードに合ったサイトなどを順番に表示させています。

また、そのアルゴリズムは随時更新を繰り返しておりますので、

この内部対策もこのアルゴリズムに素早く合わせた最適化作りが必要となります^^

 

WS000199

 

 

これだけは必ず押さえておきたいSEO対策!

 

『ディレクトリ型検索エンジン』への登録

代表的なものでは、『Yahoo! ビジネスエクスプレス』や『Jエントリー』

などがあります。

現在は既に全盛期をすぎてしまいましたが、『ディレクトリ型検索エンジン』は、

今でも、ランクの高いサイトなどから、被リンクを受ける事が出来る、

確実で有効な手段の一つです。

 

ウェブサイトの構造化

WEBサイト上で公開する情報の構造化をする事でSEOの効果が高まります。

例えば下記のようなモノになります。

 

■タイトル:<title>

■大見出し:<h1>

■見出し:<h2>

■リスト:<li>

 

上記のようにタグで構造の整理をする事で、

各検索エンジンから最適な評価をうける事が出来ます。

 

HTML文書 での文法の正確さ

『Another HTML-lint』で文法の確認がチェックが出来ます。

文法チェックはコチラ ⇒ Another HTML-lint

 

タイトル

『titleタグ」は内部対策の中で最も重要な項目のひとつです。

文字数は30字前後で、

『ページ名』:『カテゴリ名』:『サイト名』の順番で並べると効果的です。

ただ、検索順位を上げたいキーワードや狙ったキーワードを、

あまりに多く使用してしまうと、ペナルティの可能性が非常に高いので

正しい文章を心掛けて記事を書きましょう^^

 

キーワードを『strong』タグで囲む事

狙ってるキーワードを『<strong>』タグで囲む事で、

そのキーワードを重視させる事が出来ます。

 

リンクのアンカーテキスト

アンカーテキストの例

⇒ ○:ARMSが運営するブログは情報商材で稼ぐ! ネットビジネス成功術

⇒ ×:ARMSが運営するブログはこちらから^^

上記のように、リンク先とのキーワードの関連性が非常に重要です^^

 

外部サイトへのリンクの質や関連性

簡単に言えば、自分のブログやサイトとの関連性がある

WEBサイトへの外部リンクが重要視されます。

 

meta description

現状、このメタディスクプリションはSEOに関係ありません。

ただ、マイナス要素を受ける場合もありますので無駄な文章は控えましょう。

それよりも、メタディスクプリションは、

そのサイトなどの紹介文を簡単に分かりやすくまとめるモノです。

検索で表示されたら、思わずクリックしたくなるような文章を

一番に考えましょう^^

 

meta keywordsn

現状、メタキーワードはSEOにあまり関係ありません。

ただ、先程の『メタディスクプリション』のようにマイナス要素を、

受ける場合もありますので各サイト・各ページに適した、

キーワードを入れましょう^^

 

altタグ

画像を設定する場合は必ず『altタグ』を使って画像の説明を、

必ずテキストで入力しましょう。

また、画像を使用したナビゲーションの場合も同様です。

 

コーディング

最近は当たり前となっていますが、『CSS』でのレイアウトコーディングが、

SEO対策には有効です!!

SEO対策に限って言うと『フルCSSコーディング』が、

最も適していると言われています。

 

日本語ドメイン

日本語のドメイン使用は以前に比べると効果はかなり薄いですが、

現在の効果は薄いですが、日本語で表示されますので、覚えやすく内容も

把握しやすいので、その意味では効果的だと思います。

 

ドメインのSEO的効果はドメインエイジが一番効果が高いと言われてますが、

ドメイン名の関連性も結構重要だったりします。

 

内部対策のまとめ

上記で説明した内部対策と、

後は外部対策とのバランスとなってくると思います^^

外部対策については、また記事を書きたいと考えてます。

 

WS000198

 

やってはいけないSEO対策

各検索エンジンが順位を決定する時に、

もしかしたらマイナスの影響を与えるかもしれない要因を紹介します。

 

■狙ったキーワードの必要以上な詰め込み・・・

■まったく役に立たない無意味なキーワードの多用・・・

■スパムサイトや、関連性のまったく無いサイトからの被リンク・・・

 

一応注意しておいて下さいね^^

 

あとがき

上記に書いた内容が、今後も変わらずに効果のあるSEO手段として、

活用出来るかは、正直分かりません・・・。

 

でも、今のところはやっていて損はありません!!

 

今回の記事で『間違ってるじゃないか?』という事がありましたら、

遠慮なくご連絡をお願いします。

また、こんな私でよければどんな事でも、ご質問下さい。

ARMSが全力でご協力させて頂きます^^

Be the first to comment on "SEO対策:これだけは必ず押さえておきたい事項!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*